■ ご挨拶:第61回(2012年8月18日)■

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 本日のご来場、まことにありがとうございます。今年は積年の疲れを癒すために、あえて「ご自愛の年」とした…はずなのですが、なぜか雑用だけは減ることがありません。というより、どんどん増えているような、そしてどちらかというとトレーニングより疲れるような…気がします。
 かつてプログラミングに熱中し始めたころ、いわゆる知恵熱に悩まされことがあります。ちょうどトレーニング不足がもたらす筋肉痛のようなもので、鍛えていなかった脳を突然フル稼働させたことによる発熱です。こんな忘れかけていた症状が、またしても出てしまったのです。
 実は、娘のビデオ映像や音声/写真をアレンジしてDVD化しようと思い、山のようにある資料から取捨選択をし、それなりの演出/構成を考え、そのために購入したセミプロ級の映像加工ソフトを試行錯誤をしながら覚え、そして期限内に完成させようと夜も寝ないで昼寝して(←オッ、久しぶりの無意味フレーズ!)没頭していたのでした…。
 古い写真や動画を選び出すといっても、それだけで手間と時間のかかる面倒な作業です。そこに想い出やら懐かしい感情が入り混じってきて、つい見入ったり笑ったり涙が出たり…と、いつの間にやら本筋を忘れて横道にそれてしまってしまいます。そんなフラフラする感情をコントロールをしながら、期待する結果と異なる動作をするソフトに悩まされているうちに、時間ばかりが経過して衰えかけた頭脳が悲鳴を上げた…というわけです。
 結局のところ、足が悲鳴を上げたり、目が悲鳴を上げたり、頭が悲鳴を上げたり、いつも身体のどこかが悲鳴を上げているみたいですねェ。マ、財布の中はいつも悲鳴を上げていますけど、何だかんだと騒々しい人生を送る宿命にあるようです…。


〜〜〜〜 ちょっと一言ご挨拶(2012.11.25)〜〜〜〜

 よく「老後の楽しみ」というが、かつて描いていたノンビリと映画を見たり散歩や旅行をしたり…という計画は、当分は叶いそうもないみたいだ。それどころか、逆にいつも何かしら「しなければならない」という状況にあり、我ながら騒々しい人生だと思ってしまう。
 実は、昨年末ころから何と江戸時代から続く旧屋の解体という大作業を、つい一人でやってみようという気になってしまったのだ。もちろん「そんな余分なお金はない」というのが根底にある大きな理由なのだが、ご先祖様が住んでいた住居が機械で一気に破壊されるのは忍び難いものがある。コツコツと時間をかけて分解していくことこそ心からの供養なのではないか…と、貧者はそれなりに真っ当な論理を考えたのであった。
 積年の傷みに加えて昨年の大地震で、漆喰壁はアチコチで崩れ落ち、古い茅葺き屋根の雨漏りはひどくなる一方。歴史的な修復は無理でも、せめて丈夫な柱を残して住める状態にまでリフォームしたいではないか。そんな切なる思いで、ボロ屋敷を柱だけのスケルトン状態にするために、ガラクタの整理整頓から始まって、漆喰壁の撤去、天井降ろし、そしてようやく屋根の茅降ろしの段階にまでたどり着いたのである。
 時間のかかる作業なので、まずは屋根をブルーシートで覆って…と言うのは簡単だが、何度も屋根に上っているうちにブルーシートはボロボロに…。さらには紫外線の影響による劣化も加わり、今ではブルーシートのツギハギ屋根。それでも、補修をしながら屋根の茅を少しずつ室内側から落としては片付けていく。

 天井裏はススぼこりが舞い上がるので、本格的な防塵マスクとゴーグルをしなければならない。夏の暑さに耐えながら、グラグラする柱の間を動き回っていると、ちょっぴり忍者になった気分。そんなこんなで、傍から見ると大変な作業なのだが、本人は結構…楽しんでいるのである。