※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その87] 更新日:2021年3月19日


ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。どうでもいいことなのですが、当HPの日々の来訪者数といえば、多少の増減はあるものの…ほぼ1桁というのが長年の慣例となっていました。内容からして、マァ…それなりに「ふさわしい数字」といったところでしょう。
 それに、あまり多いと魔物≪更新の呪縛≫に襲われることになるので、のんびり屋にはこの程度がちょうどいいのです。休日がないほど忙しい(←全部が休日みたい…とのウワサもある)のに、さらに魔物では「一巻の終わり」ですから…ネ。
 ところが、この1月24日にカウンタ数が突如として急増(+60)したのです。いったい、どこで何があったのでしょう。現在はかなり落ち着いてきましたが、それでも従来の慣例に比べれば倍増レベルの高水準。実に他愛のない「どうでもいいこと」なのですが、まだ見ぬ魔物が気になって…どなたか真相を知っていたら教えてください(←ご褒美はありません)。

 これまた「どうでもいいこと」なのですが、最近になって「世間では70歳を過ぎれば一律に高齢者と見なされる…と自覚させられる」と知りました。最初は医療費の負担が3割から2割へ減って喜んだりするのですが、運転免許の「高齢者講習」となると一喜一憂そのものです。
 とりあえず「決まりは決まり」ですから、先日真面目に講習を受けに行ってきました。教官のネタとも思えるギャグを交えたトークにも素直に笑い、従順に受講したのでした。
 もっとも、興味の焦点は運転講習に関することではなく、スラスラとテンポよく語る話術のほうにありました。数少ない講演で大スベリした身としては、受講者を飽きさせずに振り向かせるトークにプロの腕を感じたのです。
 独学で会得したのか、話し方教室などで学んだのか、いずれにせよ大いに参考にすべきと思ったのでした。どんなところからも学ぶ姿勢が大切…と思いつつ、よくよく考えれば一般老人に講演の機会なんて二度とないのです。
 …などと空想しているうちに、教習所内を実車で運転する最後の講習となります。これは、運転そのものより教官の思惑通りの動きをするかどうかですから、とにかく「ウジャウジャ言われる」ものです。反論すれば倍返しですから、素直に「ハイ」と聞いておくしかありません。
 運転技量チェックとしてクランク通過もありますが、こんなものは朝飯前。いとも簡単にスイスイ通られては、雄弁な教官も無言となります。そして、最後は路肩に停車してオシマイです。おそらくは、ここでダメ出しの最終総括があるのでしょう。
 ところが、左側に間隔を開けて停車したことが想定外だったようです。その理由が「ドアが当たらないように」と知ったとたん、開け過ぎを確認させようと身を乗り出して目いっぱいに助手席側ドアを開けたのでした。これが、アレマのどんピシャリ!
 こうなると、自ら確認した教官のほうがバツが悪くなってしまいます。ということで、何のコメントもなく「降りていいです」の一言…でした。

 伊達に50年もフル免許を所持していませんヨ…なんて言いません。体内年齢も脳内年齢も30代ですヨ…なんて言いません。激しい筋トレやって走っていますヨ…なんて言いません。
 だって、実体がどうあれ…オフィシャルには正真正銘「70代のおじいさん」なのですから。貫禄がないことは自他ともに認めるところですが、つくづく年齢を自覚することの難しさを再自覚したのでした。
 ただ、かつてのクラスメイトがみな「普通のおじいさん」になってしまったので、おじいさんらしくしようとは思っているのですが、わざわざ白髪に染めるのもねェ…。そんなことより、早く全盛期のミル・マスカラスの体型になりたい…と今日も思うのでありマス。


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ ブラウザがMicrosoft Edgeの場合は自動的にBGMが再生されます(Loopはしない)。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。