※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その80] 更新日:2018年8月27日

ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。時の流れは速いもので、自分を含めて同世代の友人・知人の多く…イヤ全員がいわゆる高齢者という年齢になってしまいました。一見すると当たり前に思える事象ですが、これを自覚するのは意外なほど難しいものです。
 どこまで信じてよいのかわかりませんが、タニタ製体重計による私の体内年齢は概ね36〜38才間で推移しています(注:風呂上りの場合)。
 この機器では実年齢より15才下が判定下限となるようなので、仕方なく20年のサバ読みで1969年生まれ(49才)で登録しての結果です。異なる2台での判定なので、体重計の故障ではないと思いますが、現代人はみんなこんなものなのでしょうか…?
 世の中にはもっと元気なお年寄りもいるし、もしかすると昔はユッタリとしたテンポで時が流れていたのではないか…などと虚無な妄想をしながら、相変わらず真夏の雑草と暗くなるまで格闘をしているのでした。でも、心配はご無用…午後の最高気温の時間帯は休憩(大好きなうたた寝)をしているし、熱中症対策に念願の秘密兵器を導入したからです。
 その秘密兵器とは、これまで高価で購入をためらっていた空調服のことです。余りの猛暑で「立ち眩みを感じるまでの時間」が短くなってきたので、意を決して購入に踏み切ったわけです。どれほどの効果があるのか半信半疑でしたが、体温の上昇が抑えられるため、立ち眩みや呼吸が激しくなることがなくなりました。もはや夏場の必需品として大活躍中です。

 それにしても異常に暑い今年の夏…。そんな中、恒例となりつつあるゲーム保存協会主催の【特別講演「伝説のゲームクリエイターに聞く」第3弾】が8月4日(土)に行われました。会場は去年と同じ淡路町駅から徒歩3分のホテルです。
 道だけは間違えないようにと、淡路町の交差点で方向を何度も確認したので、開演10分前には無事に到着。今回のゲストは元 T&E SOFT の内藤時浩さんです。パソコン誌では「西の内藤」として有名でしたが、どんなキャラクタなのはまったく知りません。
 そんなところへ騒々しく大声を出しながら現れたのがご本人でした。おとなしい人をイメージしていたので、この登場シーンは意外でした。ゲームスクールの講師をしていたころからトークが達者になったそうですが、イヤイヤどうして…それこそ天賦の才能では?
 講演内容ついては、ゲーム保存協会のHPに詳しくアップされていますが、驚いたのは雑誌で見覚えのある容姿とは別人のようになっていたこと。このまま和服姿で高座に上っても似合いそう…というのが率直な印象です。ゲーム制作をネタに新作落語ができそうな、そんな強烈なキャラとトークで観客を飽きさせませんでした。
 もっともご本人は病気をしてからトレーニングに目覚めたそうで、筋トレで鍛えた身体のほうもアピールしたい感がアリアリでした。…となれば、目指す方向は新日プロと近からずとも遠からず。今回は遠慮されてしまいましたが、次なる機会にはぜひ腕相撲で時間無制限一本勝負を…ネッ、首都圏に住むようになっても肩書は「西の内藤」さん!


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ 最新のInternet Explorerでは[表示]から[文字のサイズ]で文字の拡大/縮小ができます。
※ ブラウザがMicrosoft Edgeの場合は自動的にBGMが再生されます(Loopはしない)。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。