※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その75] 更新日:2017年2月14日

ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。誰しも苦手な分野があるように、私にもどうしても興味を持てない分野があります。お酒を飲めないのもその1つですが、実は料理を作ることがどうにもダメなのです。お湯を沸かすのにも勇気が必要なほど…ア〜ァ。
 では、誰も料理を作ってくれなかったらどうなるのか…というと、最終的にはビスケットと水で空腹を満たすようになります。昨年の春、三人目の孫が誕生したとき、まさにこんな状態が数ヶ月続きました。その結果…体重は10kg減少(←これはうれしさもある)し、さらに体力も衰えたのでしょうか…なんと帯状疱疹に見舞われてしまったのです。左腕が夜も眠れないほど痛く、とうとう病院のお世話になったのでした。
 というわけで、その痛いタイミングで行われた例の講演会では、左腕にガッチリと包帯を巻いて出席しました。その情けない姿が、ゲーム保存協会のHPに証拠写真のように残っています。

◆◆◆ 包帯男 ◆◆◆

 もちろん、数ヶ月後に料理担当者が戻ってからは普通に食事をし、減った体重もアッサリ復活してしまいました。左腕はたまにピリピリしますが、いつの日か柳瀬川の土手を孫と一緒に走ってみたいと思う今日このごろです。

 走る…といえば、自動車部には夏合宿という1ヶ月近いロングランの合宿があり、合宿中には5度の県境マラソン(←碓氷峠の頂上から合宿所までの約3km走)がありました。
 大学3年の夏、私はそこでの優勝を目指して毎日のように1500mを4本走って鍛えていました。ところが、合宿に入ると1年下の高橋友広君という強烈なライバルが、すい星のように現れたのです。基本的には他人と競い合うことに興味はないのですが、彼の対抗心は私の闘争心に火をつけるほど激しいものでした。
 ここで勝負に勝った負けたという無益な結果を披露するつもりはありません…が、本気で私個人に向かってきた相手は後にも先にも彼一人。楽しかったなァ。その時点では単に走るライバルという存在でしたが、振り返ればあれは至福の時間だったと思えるのであります。
 翌年になって、彼がリーダーとして下級生を引っ張ってトレーニングをした際も、終盤は後続の下級生をほったらかして二人のマッチレース。最後の角で私がインを取って僅差でゴールすると、即座に「同着ですヨッ!」と口惜しさいっぱいの笑顔で連呼するトモヒロ。何とも可愛い下級生ではありませんか!
 今でも彼と競い合って走っている夢を見ます。夢の中でペースアップのために呼吸法を変更するのですが、たいていはその場で「うるさい!」と突かれて起こされてしまいます。こうして、まだ抜きつ抜かれつの勝負が継続しているのです。
 残念なことに、彼は途中で退部してしまったため現在は消息不明です。大学の古い名簿で三菱電機に勤務して大阪に住んでいたことまでは判明しましたが、何とかして会いたいものです。
 風の便りでは、社内運動会の長距離走で勝って奥様となる人にカッコイイ姿を見せたとか…。私と価値観が非常に近い部分があるので、きっと今でもどこかで走っているに違いありません。そう信じているからこそ、私も走ることを止められないのです。どなたか捜してください…と言っても、無理でしょうねェ。。。


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ 最新のInternet Explorerでは[表示]から[文字のサイズ]で文字の拡大/縮小ができます。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。