※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その92] 更新日:2022年10月6日


ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。今夏は、セミの鳴き声が例年ほどの勢いのないまま聞こえなくなってしまいました。そんなセミと秋の虫がコラボし始めた夏の終わりのころ、見慣れない一匹の蝶がイチジクの木で羽休めをしていました。

 ソッと近づくと、その蝶は近くの栗の木に移動し、葉の上でゆっくりと羽を広げたり閉じたり…まるで手招きするように誘惑するのです。見え隠れする羽模様は、イチモンジチョウやツマグロヒョウモン(メス)とは明らかに違うものでした。

「こ、これは…もしかして!?」

 瞬間的にひらめいたのが、まだ見ぬ国蝶オオムラサキのメスです。オスのように美しく紫色に輝く羽はありません。一方で、メスグロヒョウモンや希少なスミナガシのようでもあり、グルグルと蝶名が錯綜し頭が混乱します。
 とりあえず、この興奮とうれしさをキープするために、その場での結論は「待望のオオムラサキ発見!」ということにしたのでした。

 その後、落ち着いてから改めて『日本蝶類図鑑』で調べてみました。気になるのは、やはりそのサイズです。オオムラサキのメスは、実はかなり大きく羽を広げると10cm以上になります。でも、あれはどう見ても7〜8cmでした…アレッ?
 となると、紋様の似たゴマダラチョウという可能性も排除できません。これでは「大山鳴動ネズミ一匹」みたいな結末で、検証不能なまま意気消沈してしまいそうな気分です。

 どうにもモヤモヤとした結論のまま、話はガラリと変わります。少し前のことですが、生涯忘れられないような小さなうれしいことがあったのです。

 実は、私と同世代の友人たちはいつの間にかみな「おじいさん」になってしまい、言動からは覇気よりもリタイヤ感ばかりが伝わってきます。それぞれの未来へ向けた夢とロマンは、いったいどこへ行ってしまったのでしょう。
 そんな彼らからすれば、白髪がほとんどない(←ホントは探せばいっぱいある)という見た目のせいなのか、あるいは行動がハチャメチャなせいなのか、私は「絶対に変!」だそうです。

 それゆえに、これまでに鉄人とか怪人、はたまた怪物とか化け物…などと呼ばれることが少なからずありました。お世辞なのか、冷やかしなのか、バカにしているのか、背景にある深層心理はわかりませんが、とりあえず電車内では優先席を避けるようにしています。

 そんな情けない「見習いおじいさん」が、ある日二歳半になる末孫の菜々子と、赤い風船をポンポンと交互に弾ませて遊んでいたときのことです。いつぞの友人みたいなチクチク感のない、驚くほどうれしい表現で私を喜ばせてくれたのです。

「こんどは父ちゃんがやって…」
「エッ、父ちゃんじゃなくてじいちゃんでしょ」
「じいちゃんじゃない…父ちゃんだッ!」

 おそらく、テレビや絵本などを通じて二歳半の孫には二歳半なりの「じいちゃん」の定義があるのでしょう。その概念に当てはまらなかったから、その次に位置する存在として「父ちゃん」が出てきたのだと思います。
 本物の父親にとっては、あまりうれしくない会話だったかもしれませんが、小さい子は純粋で心に正直なのです。見たまま、感じたまま、表現には何の配慮も打算もありません。だからこそ、思わず涙腺が緩むほどの感動となったのでした。

 もっとも、これは一瞬だけの「うたかたのご褒美」みたいなもの。この時期は、どんどん知識を吸収して、アッという間に成長してしまいます。決して二度目はないのです。
 それだけに、このうれしい記憶は脳内でしっかりとROM(Read Only Memory)化され、永遠に忘れられない会話となったのでした。孫がかわいいって…やっぱり立派に「おじいさん」ですよネ!


猪木さん


 去る10月1日に、私の闘魂の原点であるアントニオ猪木さんがご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 一介のファンに過ぎない身ですが、学生時代(50年以上前)からそれを公言してきたこと、それだけでも自分の誇りに思っています。全力で闘う姿勢、夢を追う姿勢、諦めない姿勢…これからも永遠のスーパーヒーローとして輝き続けるでしょう。

 猪木さんがブラジルからプロレス入門した17歳のとき(1960年)、11歳だった私は迷い犬の朝夕の散歩からトレーニングを開始しました。あれから62年。猪木さんから伝承したと勝手に思い込んでいる闘魂の炎は、人知れず燃え続けています。

 親戚でも関係者でもないのに、なぜか直接関わった方々の弔文を見聞きすると、つい感情移入して涙が出そうになります。でも、逆にそういった直接的な関係がないからこそ、感覚的には永遠に闘魂あふれる猪木さんのままなのです。

 だから、私はこれからも落ち込まずに「元気があれば何でもできる」「迷わず行けよ行けばわかるさ」の精神を人生の座右の銘に、ひたすら走り続けたいと思います。

虎は死して皮を残し
猪木さんは死して闘魂を残す

偉大なる猪木さんに合掌


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。