※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その78] 更新日:2018年1月10日

ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。一般的に50歳を過ぎるころから、各種OB会や同窓会のような過去形の集まりが増えてきます。人生の点と点におけるギャップを見るのは、それが大きければ大きいほど面白く楽しいもの。外見やキャラクタの変化から、ミッシング・リンクたる空白の時間を推察するのは一種の謎解きゲームに近いものがあります。
 例えば、何の節制もせずに自由気ままに飲食をすれば結果が体型に表れるように、努力した痕跡というのは必ずどこかに出るものなのです。そんな痕跡や未来へ歩む姿勢を見ることで、自らの人生の糧とすることができれば、過去形の集まりが一転して未来形に花開くかもしれません。
 とはいえ、現実には「井の中の蛙」の自慢話大会に成り下がるほうが圧倒的多数です。現在形で何ができるのか、どんな未来へ向かっているのか、そんな夢のある話を語り合いたい…のですが、過去の経歴やら上から目線の浅知恵ばかりでは、聞かされるほうも疲れてしまいます。
 そんなわけで、徐々にこのような集いから足が遠ざかるようになってしまうのも、これまたよくあるパターンといえます。リタイアして悠々自適の暮らし…といっても、単なる消化試合のような不毛の人生もあれば、新たな夢とロマンを追いかけるアグレッシブな人生もあります。どうせなら常に前へ前へと歩み続けたい…とホラにも似た夢を追いかけながら孤高の勇者は行くのです。こうして気持ちが高揚したところで「うたた寝」から目が覚める…ある日の午後でした。。。

 夢から現実に目を移すと、情けないことに走りたくても走れない自分がいます。昨年末のこと、右足ふくらはぎに違和感を覚えながら走っていたところ、擬音でいうなら「ピキ〜ン!」という衝撃が走ったのです。次の日…少し回復したような気がしたので、男・山中鹿之介に七難八苦を与えようと再び無理をしたのが運の尽き。ますます痛みが激しくなって…の結果でした。
 それから三週間。走れないツラさに耐え、ジッと我慢の日々を過ごしたのでした。経験上、こんなときに更なる無理をすれば確実に再発することを学んでいたからです。
 悶々とした思いで新年を迎え、思考回路が少しばかりリフレッシュされたようです。なぜか一流ランナーが練習後に入念なマッサージをしている姿が思い浮かびました。で…上半身の筋トレ後に、両手で右ふくらはぎに丁寧なマッサージをしてから、じっくりと長めのストレッチを繰り返してみたところ…。
 何ということでしょう。同じような「ピキ〜ン!」という擬音とともに、縦に分断していた足の筋がくっついたような感覚(←あくまでも体感イメージ)があったのです。
 それまでのキツい痛みが、まろやかな痛みにウソのように急変し、同時に「これなら走れるのではないか?」と確信をした瞬間でした。こうなれば、その先に待っているのは最大限の気遣いをして走るだけ…。ウキウキしながら元旦の走り初めをしたのでした。
 それから連続して三日間…。次なる「ピキ〜ン!」の擬音が鳴り響かないよう、山中鹿之介を忘れてゆっくりとしたペースでジョッギングを楽しみました。人間…いくつになっても成長する要素があるものですネ。新年早々またひとつ賢くなった自分に…オメデトウゴザイマス!


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ 最新のInternet Explorerでは[表示]から[文字のサイズ]で文字の拡大/縮小ができます。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。