※三角ボタンをクリックするとBGMが流れます。

[その77] 更新日:2017年9月8日

ようこそ

新日本プログラミング

人目の訪問者 殿

◆◆◆ ご挨拶 ◆◆◆

 本日のご来場、まことにありがとうございます。先日、例によって6kmの全力走を終えてしゃがみ込んでいたところ、高齢者の散歩に付き添っていたヘルパーさんらしき方から「大丈夫ですか?」と心配そうに声をかけられました。余りにも「ハァハァ…ゼェゼェ…」が激しかったので、一旦は通り過ぎたけど戻って来たのだそうです。ハァ、情けなや。。。
 過去にも似たような経験が数度あり、その度に家族からミットモナイから見苦しいゴールはしないように…と言われているのですが、ラスト近くになるとつい「我に七難八苦を与えたまえ!」と山中鹿之介になったつもりの自分がいるのです。もちろん全盛期のスピードが出るはずもなく、客観的には醜態そのもの…なのに、脳内回路が「全力走=命」のアドレナリンを分泌するので、こういう結末になるのも「むべなるかな」といえるでしょう。
 そんなこんなで、精いっぱいの作り笑顔を浮かべて「6km走のラストスパートで息が切れただけだから大丈夫です〜」と返事をしたところ、念には念をと「本当に大丈夫ですか?」と再質問。こうなると苦しい呼吸はさらにさらに乱れることに…。
 ホント、川内優輝選手のゴール後の心境をわかってほしい…と思いつつ、丁重なフェイクスマイルでお引き取り願った次第です。この想定外の心肺負荷によって、もはや動悸息切れスタミナ切れのスパイラル〜目の前チカチカ…ホーホケキョ。疲労回復にいつもの倍以上の時間を費やすことになってしまったのでした…ハァハァ。

 ところで、今年はまるで梅雨のような長雨が続く妙な夏となっていますが、ゲーム保存協会が主催した【特別講演「伝説のゲームクリエイターに聞く」第2弾】が行われた7月22日(土)は、とても暑い夏らしい一日でした。夏はこうでなくっちゃ…と粋がりつつ、そこそこ意識がもうろうとするのは純然たる≪自然の摂理≫です。
 というわけで、午後の日差しが眩しい中、地下鉄淡路町駅から徒歩3分の会場へと、地下通路を左右に曲がって歩いているうちに方向感覚がメダパニ状態。なんと地上出口から逆方向へ歩き出してしまったのです。暑くなければ認知症の前兆かも…となるところですが、この日はあくまでも≪自然の摂理≫の影響という立派な理由があるのです、コホン!
 およそ5分後に「これはオカシイ?」と気づいてUターンしたものの、この無意味な炎天下歩行によって、会場ホテルに到着したときには火照った身体に汗がビッショリ。貴重な資料の見学もそこそこに、エアコンの真下でひたすらクールダウンに努めたのでした。その甲斐あって、講演が始まるまでにはすっかり汗も引きました。
 …で、肝心の講演内容についてはゲーム保存協会のHPにアップされているので、ここではあえて触れないでおきます。とりあえず、初めて目にする木屋さんの「マスコミを介さない素の話」がとても興味深かったです。
 マスコミというのは、どんな業界でも「売上に寄与するトピック」が最優先であり、小さな真相を大きな虚報とするのが仕事なのです(←失礼!)。針小棒大は日常茶飯事。下手をすると「ねつ造記事」という事件にまで発展することも否定できない世界です。だからこそ、そうしたフィルターを介さない話にリアリティーを感じるわけです。
 ということで、本人なりにオブラートに包む部分はあっても、スタープログラマーと称された方の当時の心境や実態が会話の行間から垣間見えたところが面白かったです。敬称ひとつで感情が伝わるように、細かなニュアンスや表情の変化はトーク現場ならではのもの。次回もぜひ…イヤその前に方向感覚の強化を込めた脳トレに「ドラクエXI」をしなければ…と、本体もソフトも持っていない現状を追認した上で、今日も大好きなうたた寝をしているのでした〜スヤスヤ〜。。。


※ HPの表示サイズはブラウザの条件によって異なります。
※ 最新のInternet Explorerでは[表示]から[文字のサイズ]で文字の拡大/縮小ができます。
※ 動作不良などの不具合を発見された場合には御意見箱からご指摘いただければ幸いです。
※ 当HPは過去を懐かしむ遊び心によって継続されており、最新のプログラミング・ワールドを紹介するものではありません。悪しからずご了承ください。